世の中から、 口の中から、 治療をなくしたい。

ご予約について
きふね歯科のイメージ
きふね歯科のイメージ
きふね歯科のイメージ
  • facebook
  • instagram
  • line

SERVICE

すべての治療は、
“予防”の観点から。

痛みを感じる歯を治したらそれで終わり。
そのような治療を、きふね歯科では行いません。

私たちは、機能性と審美性を備えた歯を、生涯を通じて
いかに多く残すかという予防治療の観点から治療します。

例えば、1本の歯が、周囲の歯の負担を減らす大切な歯であれば、
保存できるよう徹底して治療します。

またその逆に、隣の歯の寿命を脅かす歯があれば、
早期に抜歯することをお薦めすることもあります。

インプラントも同様です。失った歯をただ補うだけでなく、
他の歯にかかる負担を軽減させるという観点からご提案します。

また、健康な状態を取り戻せたら、
それを維持するためのメンテナンスも大切に考えています。

人生の最期まで、患者さまがおいしく食事ができて、
笑顔でお話ができる口内環境づくりを、きふね歯科は支えていきます。

Our Service

きふね歯科では、一般治療・歯科口腔外科・小児歯科を始め自由診療なども行なっています。

  • 一般治療

    一般治療

    歯周病予防、ご高齢の方の入れ歯づくりまで、幅広い世代の方々の歯を治療します。そしてさらに大事なのは、治療後の歯のメンテナンス。虫歯予防や歯周病予防のセルフケアのやり方もお教えします。

  • 口腔外科

    口腔外科

    親知らずの抜歯、口内炎などの粘膜の病気や外傷など、口の中の外科的処置を行うのが口腔外科です。きふね歯科でも、この口腔外科治療が可能です。

  • 自由診療

    自由診療

    自由診療とは、「保険外診療」のこと。インプラントや、ホワイトニングなどの審美治療がこれに当たります。きふね歯科では、予防治療という観点から最適な方法をお勧めします。

一般治療 一般治療 一般治療

一般治療

虫歯から、入れ歯まで。
どなたも通院できる医院。

きふね歯科は、小さなお子さまの虫歯治療から、
歯周病予防、ご高齢の方の入れ歯づくりまで、
幅広い世代の方々の歯を治療します。

そしてどの処置も、再び治療の必要がないように徹底を。
銀歯を作る際には、拡大鏡を使って慎重に歯を削り、
精巧な型をもとに、患者さまのための詰め物をご用意します。

入れ歯も同様に、外れにくく、痛みのないものを製作。
まずは緻密な処置が、予防には欠かせないのです。

そしてさらに大事なのは、治療後の歯のメンテナンス。
予防歯科の大前提である、
虫歯予防や歯周病予防のセルフケアのやり方もお教えします。

口腔外科 口腔外科 口腔外科

口腔外科

親知らずの移植も可能。
ご自分の歯を何より大切に。

医者には、外科や内科、産婦人科や小児科と様々な分野があるように、歯医者も同様に専門分野があります。

大きくは、虫歯や歯周病などを処置する一般治療、歯並びを治す矯正歯科、そして親知らずの抜歯、口内炎などの粘膜の病気や外傷など、口の中の外科的処置を行うのが口腔外科です。きふね歯科でも、この口腔外科治療が可能です。

特に当院では、ご自身の歯を大事にしてもらいたいという思いから、親知らずの移植にも力を注いでいます。欠けた歯は、インプラントなどで補完するだけではなく、親知らずを使ってもう一度「自分の歯」を蘇らせることができるのです。

口の中で違和感を感じるなど、些細なお悩みでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

自由診療 自由診療 自由診療

自由診療

再生医療を取り入れた
インプラント治療も。

自由診療とは、「保険外診療」のこと。インプラントや、ホワイトニングなどの審美治療がこれに当たります。欠けた歯を補う方法はいくつかありますが、きふね歯科では、予防治療という観点から最適な方法をお勧めします。

例えばブリッジは、健全な歯を削り、支えとなる歯に負担がかかるので、患者さまの意向を伺った上で、負荷の少ないインプラントをご提案します。

さらに、きふね歯科では、インプラント治療の際に、自己血液を用いた骨造成や歯肉造成といった、再生医療にも取り組んでいます。患者さまの血液を使い、傷の治りを早める因子が凝縮された塊をつくり、それを手術時に活用します。処置箇所の再生を促し、また感染を防ぐためにも優れている、近年注目されている方法です。

厚生労働省へ届出をしているきふね歯科は、この再生医療に力を注いでいます。

診療のイメージ
無痛治療

Painless treatment 無痛治療への配慮

歯医者を嫌う理由には、治療時の痛みもあるかと思います。きふね歯科は、その痛みをできる限り抑えるために細心の注意を払って治療を行います。

例えば、拡大鏡を使用するのもそのひとつ。施術部を、6倍も拡大して見ることで、より的確な部位に麻酔針を刺すことが可能になり、痛みを軽減することに繋げられます。また、その麻酔の際には電動注射器を使用。人の手で行うよりも、ムラのない力で麻酔液を注入でき、これもまた痛みを抑えることにも繋がります。

精神的にも、身体的にも、患者さまの負担が少ない歯科医院を、きふね歯科はめざしています。

検査機器・器具

CTスキャン

きふね歯科では、一般的なレントゲンと併用して、処置箇所を断面的に可視化するCTスキャンを使用。レントゲン写真では把握しきれなかった、複雑な根管部などを立体的に確認できるので、より最適な治療が可能になります。

  • テレスコープ(拡大鏡)

    テレスコープ(拡大鏡)

    目視よりも、6倍もの拡大率で処置箇所を見ることができる道具です。精度の高い治療を可能にするだけでなく、削る必要のない箇所を誤って削ってしまうなどの処置も防ぎます。きふね歯科では、医師だけでなく、衛生士も徹底して使用しています。

  • 検知液

    検知液

    虫歯の箇所を赤く染めるための溶液です。治療すべき箇所を、より確実に把握するために使用します。また、医師側だけでなく、患者さまにも状況を把握していただくことにも繋がり、お互いに症状を理解した上で治療に臨むことができます。

  • 電動注射器

    電動注射器

    根管治療の際などに、麻酔液を歯茎に注入するために使う注射器です。麻酔液を、一定の力でムラなく注入することができるので、人の手で行うよりも、注入時の痛みを緩和することができます。

  • 遠心分離機

    遠心分離機

    インプラント治療の際、自己血液を用いた骨造成や歯肉造成といった「再生医療」の処置を行う時に使用します。患者さまの血液を、赤血球・白血球・血小板、血しょうに分離するための機器です。

  • クラスB 減菌器

    クラスB 減菌器

    ハンドピース 小型滅菌器

    ハンドピース 小型滅菌器

    患者さまの治療に使った道具は、終わり次第、こちらの機器で滅菌をします。きふね歯科では、滅菌器の中でも最上位機器にあたる「クラスB」を使用。一つひとつの道具にも最善の注意を払って、快適な治療環境を患者さまに提供しています。